FC2ブログ

セロリのビーチハウス with my lunchbox amd paperbacks

アサヒネットのセロリ会議室の分室です。(つもりね) まあ、セロリ会議室のモデレータなのに、さぼりまくってるくせに、こんなところに二つ目の浜小屋を建ててしまった。

グラフの範囲拡大の拡大

範囲拡大
前にアップした、この手順。
二、三日に一度ずつ範囲拡大するのは面倒だなあと思った。
ふと気がついた、なんだ、10日分くらい先まで範囲を拡大してしまっておけばいいんだ。
グラフは当然最後のところがきれて白紙のままだけど、日付は項目が入ってるから、ちゃんと表示されるんだ。
そうすると、データを入力する度に自動的にグラフは伸びていく。
ま、一日分だとあんまり変化は解らないけど、このグラフは5種類くらい他の計算方法で出した数字がグラフ化されてるから、けっこう省時間になるんだ。
余白があると、明日もあるなって気になるから、ちょっとおかしい。haha
スポンサーサイト
  1. 2018/12/09(日) 20:56:38|
  2. Libre Office
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらに半月経過

新月計値8-11月(2)
まあ、あんまり変化はなさそうなんだ。haha
良い方向へ向かってるのかどうかもはっきりしないが、一つだけは改善されているのは、運動の意識化が習慣になったことかな。
20くらいの若い警備員と仕事してると、自衛隊出身者が増えてることもあるんだとは思うけど、作業のつなぎでよく走る。
そんなに急がなくてもと思うんだけれど、とにかく次の作業へ年寄りたちより早めにスタンバイするんだね。
そういうところに少し影響されて、こちらも小走りになる。
ま、小走りができるくらいのトレーニング効果はこの半年で出てきていることもある。
自然にエスカレータを使わずに階段を上る。うん、自然にできる筋力があるせいだ。70まで一年を切った自分なんかは、不自然=意識しつづけて階段を上る。ふっと、エスカレータに足が向かうのがなくなった。そうなると、降りるときも、使わなくなると初めて知った。
目下のテーマは
181126037rx6.jpg
これなんだなあ。shoulder stand squat というやつ。
まず、shoulder stannd ができなくなっていたのに愕然。
なんとか、このポーズを体におもいださせようと、毎日やってみてるのである。
なんとか立つようになったのだが、まだ維持できない。
まして、スクワットまでいくわけもない。
でも、ここで粘るのです。hehe
毎日やってれば、そのうちできるようになる。ま、70歳までにはまだ300日以上あるんだ。
  1. 2018/12/01(土) 15:18:04|
  2. fittness diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新月計値8-11月

新月計値8-11月
前回のアップロードが一日、今日は18日で、ほぼ半月分の数字が加わってグラフも変化してきている。
10月のジョグ停滞にも関わらず月計値(正確には30日日計値)は、下がり続けていたけど、その前の9月の日曜日だけ運動効果が出ていたことが、黄色線(運動分数)から読み取れる。
しかしである。ここにきて朝の寒さに負けて走らなくなってきているのが問題なんだなあ。
と、反省して、なるべく朝走りを復活させようと(出来ねば夜走り)しているんだけれど、黄色の変化とその月計値である緑線の変化が少々であるが、改善されているように見える。
実は、改善されているように見えるように、日々の中の生活労働運動でジョギング運動に換算できるものを増やしたからなのですね。意味ねえ?haha
いや少しは意味がモチベーションという点であるような。hehe
数字に組み込んだのは2点、
①武蔵小金井駅から現場までの写真散歩往復walk時間。もちろん、立ち止まると時計は止める。これはwalk だから三分の一にする。写真も撮らずにシャカリキに早歩きしたら、二分の一を掛ける。
当初は通勤歩きやただのご近所散歩は「非自覚的」運動だから入れなかったんだけどね。haha
②現場で小走りで移動した分は短いけどジョギングより強度があるんで、これはそのままの分数を組み込む。
例でいうと、11月17日のメモはこう。

kaidan OGKB(荻窪駅) 27s
walk Musako-site 19m42s (6m33s): 7m00s
ratai(ラジオ体操) 3m (1m) : 8m00s
kaidan 2times in site 20s : 8m20s
kobashiri in site 1m47s : 10m07s
kaikyaku stretch 6m10s (2m03s): 12m10s
kobashiri 1m58s : 14m08s
walk Site-Mukosa 15m46s (5m15s): 19m23s
kaidan in site 10s
kaidan Musako 40s
kaidan OGKB 28s = 20s 41s
計20分41秒ってわけです。
Musakoというのは、武蔵小金井の略で、地元でもそう言ってるようですね。

記録の効果は、
①階段は歩いて上るようになるし、
②重機誘導って作業の時は、機械の前を小走りに先導する(後ろからとぼとぼ歩いていったりしない・・・・ばててると前に行かなくなる齢なんですねえ、それが改善されるんですhehe)ようになります。
ま、運動はしてるという意識が刺激されるせいで、秒数、分数を増やしたくなるんですねえ。するとバスに15分くらいなら、乗らなくなるし、遠回りして余計に散歩するために、朝の電車も1本とか2本早くしたりするようになる。
でも、そうするための基礎体力は、この3月末からの徒歩5分から始めたジョグプランで日曜日1時間のLSDの壁に到達するところまで来た積み重ねの結果なんですねえ。
で、赤い線の推移はどうも、ジョギングなりワークアウトなりを少なくとも三日に二日はやらないと横ばいになっちゃうぞといってるように思えます。ここが正念場。
  1. 2018/11/18(日) 09:09:10|
  2. fittness diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新月計値

新月計値
まあ、最高血圧と最低血圧と脈拍の三つで健康管理してたのだけど、
脈拍が増えると体調は悪い・・・・・・これは実感でわかる。
血圧が高いとか低いとかはあんまり感じない。だけど、血圧が高くなると脈拍は減る。いや脈拍が減ると血圧は高めになるというのがなんとなく思えてきた。
というので、最高血圧はそのままの数字、最低血圧は1.5倍、脈拍を2.5倍したものを足して、3で割れば、かなり最高血圧に近い数字で体調をとらえられるのではないかと考えた。それが一日毎の青い線。
それを月30日で合計して30で割る月計値が赤の線。
血圧の目標値は最高が135、最低が70、脈は50であるから、この数字は125が理想的ということになる。かなり、正常血圧に近い感じだと思う。
このためのエクササイズは、運動分数で出す。
jog はそのまま、workout (まあ、ウエイトトレーニングとか自体重トレーニングみたいなもの)もそのまま。
ラジオ体操やstretch は三分の一を掛け、walking は平地ならやはり三分の一掛け、階段上りや丘・坂・山歩きならそのまま。
そういう自覚的運動を一日分合計したのが黄色線。その月計値が緑。
(非自覚的というのは、通勤歩きとか仕事で歩き回ってるようなことで、それはこの自覚的運動からは外します)
月計値は継続してなかったり、さぼったりするとてきめんに目に見えてきますねえ。黄色だけだとおお、やったあ!やってるなあと錯覚するということが、ぼくの場合は露骨に出てます。haha
まあ、当分はこれでやってみようと思います。
この記録を見てると、ジョギングパンツに履き替えるのは寒いなあとさぼったりする根性なしでも、楽な老人用パンツで、30分はしんどくても、まあ、10分くらいならと走る気になろうというもの。実際に走り出すと、今のトレーニング効果の利き具合で30分くらいは、ま、楽にいっちゃうんですねえ。

  1. 2018/11/01(木) 18:36:21|
  2. fittness diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゼロからフルマラソン完走52周プログラム(1983年週刊朝日)

181025026jogproject.jpg
PDFのファイルもあるんだけど、アップロードできないとFC2は拒否してくれた。
まあ、見ての通りのプログラムなんですね。
ゼロからやれるところがミソ。最長分数が3時間というもので、レース当日は5時間になってます。
距離ではなく分数なんで、このプログラム、
ランニング以外のトレーニングや学習に応用できます
病後のリハビリ歩行とか、長いこと(数十年hehe)さぼってた語学の再学習にとか楽器の練習とか
要するに脳細胞、神経、筋肉の三つのトレーニングに有効なんですね。
のろのろ歩いて5分、テキスト辞書引きながら読んで5分、詰碁を考えて(悩んでかなhaha)5分、そんなんで効果あるのか?
あります。使わないこの三つのリンクをトラブルなしにスムーズに組織化するのに有効です。
英語のニュースを耳がなれてないのに(いちおう書けて読めるけどって人にですけどね)1時間も聴いてごらんなさい。吐き気がして頭痛がしてきます。
でも、5分なら、あ、さっぱりだなあ。こんなもんかという自己嫌悪程度でおさまります。
走りなら、いきなり5分でも転びかねないし、大体足首もまわらないでしょうが、早歩きなら持つでしょうし、軽い筋肉疲労程度ですむでしょう。
お絵描きだって、5分で何がかける?そういう人には光文社新書から出てる山田雅夫さんの「スケッチは3分」でも読んでくださいな。
ギターだって、「猿にも弾ける」とかいうシリーズもある。
一気に時間をかけて、休んでもというやり方もありますけど、30分もヘタなつま弾きを楽しめるってのは元から才能ある方の話。
読書だって、苦手な分野の本を30分読めますか?
ペイパーバックの音読だって、語学口周り筋肉ができてないと、あるいは腹筋が衰えてたりすると5分でもきついですよ。慣れてる英語とか仏語の場合でも、日常使ってない筋肉なんで1時間もたないですもん。個人的に、まして、時々スペル読みができなくて中断手引き参照するげーる語なんかだと10分がやっと。なさけないもんです。
そういう「初めから」やってみようという人にこの時間プログラムは有効です。
で、コツは記録することで進行管理することです。
ぼくの場合は
181025003rx3.jpg
無印良品のこの100円くらいのカレンダーノートをつかってます。
181025006rx3.jpg
で、順調に消化している時は、こんな具合なんですが、そのうち「身の程」を越えてくると
181025005rx3.jpg
27周目にはいってるのに、(10・28現在では本当なら日曜日70分の段階なんですねえhaha) 左端に修正ノルマが書かれてます。

22th
lu 25
ma 25
me R
je 35
ve 25
sa 30
di 60

格好つけて、フランス語の二字略曜日使ってますねえ。haha
要するに日曜日の最長ノルマ分数を果たせない時は、前に進まないということなんですね。大体怠け者なんで、こんな調子です。
最後までいったことはいままで一度だけで、やっぱり二年ほどかかって、真夏に5時間走がやってきました。
こういう怠け者には印刷され切ってる普通の手帳は無駄なんで、無印良品のノートが分相応(コストパフォーマンスもいいhaha).

一日の怠け者のTODO管理にも便利ですよ。一年分、2冊で済んでしまう。
ハードスケジュールの現役バリバリの人には向いてないだろうけど、放っておくと一日中ぼうっとして何にもしないジジイタイプには一日5,6個のTODOを「予定」立案して「実行」消し込みするのだって、けっこう大変なんですから。
でもこれで月間年間予定なんてのは管理できません。それは前に書いた手帳の方でやってます。
http://celerybeachcomber.blog.fc2.com/blog-date-201807.html


  1. 2018/10/28(日) 10:55:16|
  2. fittness diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

hisamtrois

Author:hisamtrois
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
camera (15)
cat (1)
PC (45)
English (13)
diary/日録 (13)
jog (2)
133opera (0)
jpoem/和歌俳句都都逸 (10)
French (9)
冥途の旅 (5)
music (4)
アサヒネット会議室 (3)
omake (2)
fittness diary (7)
blog&net (3)
物 (4)
電子辞書 (1)
Libre Office (5)

お客様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR