セロリのビーチハウス with my lunchbox amd paperbacks

アサヒネットのセロリ会議室の分室です。(つもりね) まあ、セロリ会議室のモデレータなのに、さぼりまくってるくせに、こんなところに二つ目の浜小屋を建ててしまった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あれ、ギュメ(フランス語の引用符)が打てる

でもやはり、このFC2では打てない。
LivreOffice の Writerではこうします。

まず、普通に Je vous aime.と入力します。
その末尾でシフトを押しながら「.」(ピリオド)キーをうちますと、
Je vous aime. »
こう入ってくるんですね。そこで、カーソルを一番前にもっていって、
シフトを押しながら「.」(ピリオド)キーをうちます。
すると、こう入るるんですねえ。
« Je vous aime. »

ようするに、カナディアンキーボード配列にしておいて、何か文字を入れた後で、シフト+ピリオドを打つと引用符の後ろ半分が打たれる。と、いうわけです。
で、頭に戻って、シフト+ピリオドで、前半分が打たれるというわけです。
なんか、靴はいてから、帽子を被るみたいな感じですが、ちょっと得した気分。haha




スポンサーサイト
  1. 2016/02/29(月) 00:42:00|
  2. French
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランス文字入力まとめ

(1)一応、キーボード設定で、「フランス語カナダ マルチリンガル標準キーボード」にしてあるとする。
(2)キーボード配列は、下記のURLを見る。
http://www.frc.it-chiba.ac.jp/cdf/keyboard/regacy_new/ntmy_multi.html

(3) 上記記事での修正箇所
  ・ ù : ctrl とAltを同時に押しておいて@を押してから指を離してu を打つ
  ・ 引用符の ≪≫は、Alt押しながら 0171、同じく Alt押しながら 0187と打つ手があるんだが、
    このブログだと、017まで打つと、 「このページから離れますか?」と聞いてきて、そこでアウト。
    右ALTキーがないノートパソコンでは入力しようがない。
  LivreOffice のwriter なら、この変換が使える。でも、すると、キーを5回もたたくことになる。
    それなら、一度だけ変換しておいて:«»と組み合わせておいて、これをコピーしておけば、
    一発でペーストできるということになる。(そのためにcitation.odt というファイルまで作った。)
    かくして、ここで«»が打ててるのは、LivreOfficeWriterからコピーしたからなのである。
    Elle a crié : «Ça y est !» なんて文も打てるというわけなのである。
    以上。
  1. 2015/12/31(木) 23:45:47|
  2. French
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休日の辞書

休みになって何が一番いいかというと、ぼくの場合は気が済むまで辞書を引けること。
普段は、時間の制限があって、辞書の中をうろつくのもセルフコントロールしなきゃいけない。

まあ、そろそろ来年の準備を、というわけで、来年用の作業ファイルfileをつくるのだけど、その前に日記兼ワークシートを作るのが第一歩。ワークシートのテンプレートを引っ張り出して、日付を入れて名前をtodo_journal1412
27.ods とつける。普段なら、todo141227.ods とつけて、スケジュールやなんやかんやを入力してプリントアウト、手帳にはさんで終わりなんだ。でも、休日は結果も打ち込めるから、journal と付記するわけだ。
で、これを新規作成した work2015 というフォルダholder に入れる。
    ん?フォルダはholder でいいのかと疑問がわく。そう、これはfolder が正しい。
    で、学生用英仏・仏英辞書を引いてみる、
          folder noun
1. chemise (feminine): I put my papers in the folder
j' ai rangé mes papiers dans la chemise.
2. dossier (masculine): you can store cmoputer files in a folder
tu peux stocker des fichiers informatiques dans un dossier.
ん、フォルダーって、シュミーズなのか? というんで今度はシュミーズをスタンダード仏和で引く。
    へえ、①(a) シャツ、(b) ~ de nuit (男の)寝間着用シャツ、(c) (女の)肌着、シュミーズ、
    (d) 【海】水夫用セーター、②包被 (a) 状態、包み紙、(b)(本)のカバー etc
どうも、スタンダード仏和には、適訳はないようである。
    試しに1のフランス語をエキサイトの自動翻訳にかけてみる。
            j』は、シャツを着て私の書類を一列に並べました。
    ついでだ、英語もやってみよう。
私は私の書類をフォルダに入れる。
英語はちゃんと訳すようである。でも、フランス語ときたら、ひょっとして辞書はスタンダードをつかってるのかLOLOLOL。
閑話休題、まあ、こういう風に楽しめるのが3日以上連続して休める休日の楽しみなのですね。
で、今、遊んだように、ことコンピュータがらみになると大修館のG4以外の辞書は役に立たないことが多いんですね。単語調べるだけで日英や日仏の翻訳サイトを調べても、もう一つ信用がならないから、結局辞書に最初から当たるほうがましなんですね。
でも辞書事情がこれではフランス語で書くときにけっこう手間どることになる。そういう書いて遊ぶときに役に立つのが、
Visual Bilingual Dictionary french/english
なんだけど、これが名詞を見つけるのには絵(写真)だから便利なんだけど、機能というか、動詞や形容詞を探すのには向いてないんだな。
そうすると、出番になるのが
Larousse French Student Dictionary ということになる。値段も紀伊国屋で1007円税別で買えたやつ。

で、やっと、最初にもどって/work2015/の chemise に todo_journal1412.ods fichier を保存することになる。
それで、こんどは、日付を入れて、目覚め時間と室温を入れて、起床時間を入れた後、エアコンを入れた時間を書く段になる。で、休みであるから、ここは一つ、フランス語で入れようと思ったら、多分仏語検定3級強の爺さんのヴォカビュレールには、エアコンのフランス語がない。というので、スタンダード和仏の出番。
なのに、え?「エアコン」に該当する項目がスタンダード和仏にはないのであった。
そこで、再び学生英仏辞典。お、air-conditioning climatisation とある。よし!と仏和にもどる。お、動詞がある。
climatiser である。 エアコンをかけるはclimatiser でいいから、入力して、あとは行事予定を書き込んで、保存save = sauvegrader して一件落着。
気がつけば、ワークシートつくってるだけで、もう夕方!なんちゅうゆったりとした生活なのであろう。LOLOL

           

  1. 2014/12/27(土) 17:03:52|
  2. French
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知ったかぶりであわてて消した

la-pie さんところにコメントつけた。
kokokara---------------------
マイドー薀蓄屋のCakeater でござります。
日本語での「宿り木」解説は、孫引きどころか、赤の他人のひ孫引きみたいなもんで、ええかげんなもので、英語は比較的に正確さがましているかなというところですね。(ドルイード=フランス系の話とアングロサクソン系の話が合流して、今風伝説=カナダみたいなものになってるみたいです)
ぼくは杉玉みたいなものかと思ってましたが、よく見るとboules で複数形ということは、やはり実が一杯ついてる la gerbe のことなんですね。いや、勉強になります、ここのブログは。謝謝。
もちろん、la boule に作って天井からぶら下げる杉玉風のものも古風にはあったようですね。
今も昔も宿り木の実の下でクリスマスあるいは元日にキスすると偕老同穴の契りの約束・もしくは最確認になるようです。桑原桑原lolol
東京でtouffles de gui を見ることはすくないんですが、郊外(高尾山あたり)ではけっこう見ます。もみの木sapin ではなくけやきがほとんどですが。
koko----------------------made.
フランス語にtouffles なんて単語はないんだよねえ。lolololol une touffe des touffes ならある。
あわてて全部消した。。。。LOLOL

今年のクリスマスは、仕事終わり祝いに「マグロ尽くし」と「チキンバスケット」ですました。夕食だけでは片付かず、25日朝の朝食でも残り半分食べたんだけど最近のフライドチキンはスーパーものでもけっこう衣の味付けがうまくなっておいしくなってますねえ。先週の雨でひいた風邪のせいで、いまひとつの食欲でも食べられたものね。

(追記) 12/29
ドルイードの旧習では、対立する集団の戦士が森の中で遭遇したとき、その頭上というか視界にboules de gui 宿り木の茂み(touffe 、玉ならboule )あった場合、双方とも武器を地面において見つめあうことだけで戦闘はさけた、ということである。それから、クリスマス(これだって、ドルイード時代にはまだなかった)から新年に、室内にboules de gui やtoffe de gui を天井からぶら下げるようになって、その下で 訪問者と家人がキスすることで、お互いの繁栄と健康と幸福を祈るようになったとか。で、その繁栄のところから、夫婦どうし、恋人同士でキスすれば子宝を授かる。恋人同士ならば偕老同穴を誓えるようになり、中年老人カップルには偕老同穴の運命を確認しあう、あるいはさせるさせられるおそろしい結界場となったというわけです。
Mistletoe kissing ball と英語ではいうようです。キスしましょうボールって感じですね。
(おまけ)
あら恐や 頭の上に 誓玉。。。。。。。。。Terriblement, sur nos têtes la boule de gui
ここではなくて君の布団で。。。。。。。。。 Pas ici, à la place différent , oui sur ton lit......

クリスマスにBaby, it's very cold outside というクリスマスソング動画を熱に浮かれて30個以上あつめたから、
浮かれモードから抜け切れてないなあ。
https://www.youtube.com/watch?v=6bbuBubZ1yE
https://www.youtube.com/watch?v=7MFJ7ie_yGU
  1. 2014/12/25(木) 08:40:11|
  2. French
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイヤの指輪:記憶拒否度高のフランス語

これで、8度目くらいのトライだというのに(期間としては4年間くらいかな)まだ憶えられてない。
一時手金じゃない、一時的には憶えるのだけど、1年、いや、この前やったのは13年10月2日だったから、三ヶ月半であるが、きれいに忘れている。
une bague ( ) diamant
カッコ内に何を入れるかという問題で、en de avec のどれを入れてもいいので、正解はしているのだけれど、あれ?blague ってなんだっけ?となるのである。
問題文全体は、
Cette dame était habillée ( ) noir et ell portait une bague ( ) diamant.
中村敦子先生の「15日間フランス文法おさらい帳」の14週目の一題です。
これに載ってる文例は全部で千以上あるんだが、その1000以上は意味が一目了解状態が十七歳から五十年近くフランス語読んできてるのでまあ可能なのである。だから、一応、同じくらいは書けるけれど、文法的に不正確この上ない。
(実は英語も似たり寄ったりなんだけど、それで英文オンリィのブログを二つも書いてる。わかる人にはわかる、誤文だらけの英文なんだが、そこを、wrong と解っててるところを辛抱強く解読してくれる人のコメントにささえられてますlololol)
辞書を始終引きながら五十年もやってきたならば(英語でいう仮定法である・・・実際はほとんど引いてない、大学在学中の7年間以外は)指輪ringに該当するle bague なんて言葉は覚えてるに決まっていると思うのだが、多分財布の内容が脳みその記憶細胞に誘導電流みたいに働いて消去されるのだろうと思う。この単語覚えられないのである。lololol

あっさり憶えてしまっている例としては、どうでもいいじゃん、関係ないよ Ça m'est égale! カミュの主人公の口癖。
うんざりさ J'en ai Marre. Alizee のヒット曲とかね。
この曲名のおかげで、J'....... ....... assez! うんざりだ という問題は、初見から正解だった。lololol.
スラングを先に覚えて、教科書文例を習わずに解く、ポップミュージックのご利益というべきかな。

もっともune bague は 出会うと、une blague が出てきてそれにブロックされてるような気もする。
Jean-Pierre raconte toujours des blagues. とか Sans blague! とか使うんだ。

そう、思い出した。一冊の文法入門書を適当になんども頭からトライして読み返して、なんとか文法を終えるのを「漆塗り」というんだ。この次は、それについて描いてみよう。「弾同琴」というのもあったっけ。
 
  1. 2014/02/02(日) 09:38:56|
  2. French
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

hisamtrois

Author:hisamtrois
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
camera (14)
cat (1)
PC (37)
English (13)
diary/日録 (11)
jog (2)
133opera (0)
jpoem/和歌俳句都都逸 (10)
French (6)
冥途の旅 (5)
music (4)
アサヒネット会議室 (3)
omake (2)
fittness diary (3)
blog&net (2)
物 (4)
電子辞書 (1)

お客様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。