セロリのビーチハウス with my lunchbox amd paperbacks

アサヒネットのセロリ会議室の分室です。(つもりね) まあ、セロリ会議室のモデレータなのに、さぼりまくってるくせに、こんなところに二つ目の浜小屋を建ててしまった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ubuntu で日本語のテキストファイルを読む ああ。。。

「ローカルファイル」の中にウインドウズのファイルが入ってるので、そこを、ウインドウズ風にフォルダをたどって、ファイルを見つけて、ダブルクリックすると、LibreOfiice Writer が立ち上がって、文字化けする。
どうにも、自動エンコーディングしないものらしい。

というので、白紙に鉛筆のサイドバーのアイコンをクリックすると、gedit とかいうエディタが起動してくる。
そこでOpen Files というところをクリックすると、いわゆるファイラーというものが起動して、「ローカルディスク」から順にフォルダをたどり、目的のファイルをワンクリック、反転させる。

このとき、左下を見ると、
Charcter Encoding: Automatically Detected ▼
というのが出ている。
この状態で、ダブルクリックすると、またもや文字化けする。
このデフォルトの選択に、日本語コードは入ってないからである。

というので、▼ をクリックして、狭苦しいウインドウを開き、その一番下のAdd or Remove...というところをクリックする。
またコードのずらずらというリストが現れ、Japanese が出るまで、たどる。
Japaneseは、5個ほど並んでる。なじみの、SHIFT_JIS というのがあるが、そちらは敬遠してCP932 というのを選んで、Add をクリック。右の Encoding shown in menu: というなかに、Japanese CP932 というのを確認してOKをクリック。
これでやっと開けると、例えばheiji.txt というのをクリックして選んで、ダブルクリックすると、文字化けする。
Character Encoding: はあいかわらず Automatically Detectd...

なんなんだ、これはとしばしストレス悩む。
そうかとやっと解決方法をみつける。
Automatically Detcted
---------------------
Current Locale (UTF-8)
Japanese(CP932)
Western(ISO-8859-15)

その下の三つから自動的に選んでくれるはずなんだが、これがタコ!
ファイルを選んだあと、自分でこのエンコーディングでCP932を選んでクリックして
Character Encoding: Japanese(CP932)
となってるのを確かめてから、件のheiji.txt
を、クリック。。。。。ん?何にも起きない。
あ、これはもう、Enter キーをたたけばいいのか。
はいやっと開けた。ちゃんと読める。

で、もう一枚 m_foods.txt ってのを開かんとす。
左下を見る。
おい!
元に戻ってる。 Character Encoding: Automatically Detected ▼

いちいち指定しなきゃいけないのか?!
とてもじゃないけど、Windows が壊れて使えないとき以外はガマンできない手続きです。
アイコンダブルクリックに慣れきってしまってる。。。。
ああ、ついに、俺もウインドウズ中毒者になってしまった。。。

それよりも、MSIネットブックの小さい画面で文章を読むのは、大画面になれきった眼には拷問に近い。
書く分は、まだいいけど、長いのをスクロールさせながら読み返すのは、やはり一人SMの世界。

やってられないとシャットダウン。
ウインドウズから、ファイラーのmame を使って、巨大テキストファイルをクリック。一瞬にWZeditor が縦書きで開いてくれる。
うん、こっちのほうがずっと快適。
Ubuntu はやっぱり、非常食です。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/22(金) 18:21:54|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

hisamtrois

Author:hisamtrois
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
camera (14)
cat (1)
PC (37)
English (13)
diary/日録 (11)
jog (2)
133opera (0)
jpoem/和歌俳句都都逸 (10)
French (6)
冥途の旅 (5)
music (4)
アサヒネット会議室 (3)
omake (2)
fittness diary (3)
blog&net (2)
物 (4)
電子辞書 (1)

お客様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。