セロリのビーチハウス with my lunchbox amd paperbacks

アサヒネットのセロリ会議室の分室です。(つもりね) まあ、セロリ会議室のモデレータなのに、さぼりまくってるくせに、こんなところに二つ目の浜小屋を建ててしまった。

自己修復中

自己修復
GX200のモニタに黒雲がかかったのは、8月のことだったか。
それ以来、写真は撮れるけど、その場で確認が見難くてCX6でばかり撮っていたのだけれど、ひょいと気がついたら液晶の自動修復が始まっていた。
この縦のギザギザである。
これが、液晶の黒雲を薄めて少しずつ画面のしたへ、実にゆっくりと落ちていき、やがて画面は普通に見えるようになるというのが、今まで2度ほど経験した。ま、半年くらいかかるのだけど。

反古守の身体のほうもこう行けばいいのだが、12月2日の24時間イヴェントで体調を崩して、ついに先日また、黒下痢黒嘔吐が再発。今度は、先にめまいと立ちくらみが先にきた。あ、これはひょっとして血圧が上がったかとアダラートを一錠飲んだせいで、めまいと立ちくらみは収まったから、血圧が高かったのは間違いないが、それで、たぶん一番弱い血管(ジュウニチシチョウか胃のどっか)が切れたようだ。
不快感で、ローソンのトイレに行って普通の固さの真っ黒便が出た。朝は普通の色だった。
昼は、プリントホットミルクをなんとか飲み込んで、やはり黒便少々。
夕闇とともに、吐き気をこみ上げて5回ほど嘔吐、闇の中の黒い吐きもの。
なんとか、それで力を戻して、なんとか仕事は完了したが、駅のパン屋でホットミルクを飲みながらしばし休んでから、家路。戻ってバタリ。
胃痛はあったが、疲労がまさって12時間眠る。今回は、下痢はなし。
一日寝て、翌日勤務、昼に、セヴンイレブンの幕の内弁当をなんとか完食、同僚とおしゃべりしながらだと、なんとか入るものだが、それで、調子は上向いた。
家に戻ったときは見栄っぱりの気力も尽きて沈没。
でも、この日曜日は、キリンコーヒーでコーヒー二杯、味わいながら飲めたから、どうやらこちらも自己修復が進んでいるようだ。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/23(日) 21:31:10|
  2. 冥途の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

hisamtrois

Author:hisamtrois
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
camera (14)
cat (1)
PC (39)
English (13)
diary/日録 (11)
jog (2)
133opera (0)
jpoem/和歌俳句都都逸 (10)
French (6)
冥途の旅 (5)
music (4)
アサヒネット会議室 (3)
omake (2)
fittness diary (3)
blog&net (2)
物 (4)
電子辞書 (1)

お客様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR