セロリのビーチハウス with my lunchbox amd paperbacks

アサヒネットのセロリ会議室の分室です。(つもりね) まあ、セロリ会議室のモデレータなのに、さぼりまくってるくせに、こんなところに二つ目の浜小屋を建ててしまった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

OpenOffice と LibreOffice

この数年、OpenOfficeで全てやっていて、別になんの不自由さもかんじなかったのだけど、ひょいと、LibreOfficeも使ってみようかとダウンロードしてみた。
Acerの小さな液晶で使う分には、別にどちらでも同じだなあというのが感想。
キビキビ間はLibreに感じるし、縦書きをDiamonndcrystaでいっぱいにやると、見易さもLibreの方に軍配をあげたくなる。
ただ、それを印刷するとなると、縦書きの場合は、Libreになじんでないせいか、日本語化の歴史不足のせいか、けっこう設定になやむ。まあ、印刷設定に関してはOpenの方が分りやすい分勝ちとするかな。
長文の縦書き(原稿用紙で1000枚みたいな量)は、やはりXPでWZエディタを使うほうが楽で速い。7で、試用期間つきのWZを使ってみたが、なんか今一つである。と言って、他のフリーや有料のエディタも、こと縦書きという点では、WX+XPには及ばない。

この二つとも、ファイルは文書はodtで統一されてるから、互換性は完全に取れる。
表計算もods でまったく同じ。ただ、表計算の操作の速さは1%くらい Libre 速い感じです。
どっちでも好きなほう使って問題なしですね。 

追記:LibreOffice の方がちょっといいなという例。
 日付をその日のワークシートに書き入れるのがいつものことなのだけれど、
 Libre だと、 lundi 10 juin 2013 とそのままにフランス語が書ける
 Open だと、 Lundi 10 juin 2033 と文頭が必ず大文字になってしまう。これではフランス語の日付表示にはならないのですね。いまのとことろはこの一点だけ、Libreのはっきりとした勝ちです。

まあ、これで一勝一敗。lololol

で、いまのところodt ods のファイルをクリックするとLibreOffice がオープンしてくるのですね。後から入れた方が強いみたい。というので、この数日LibreOfficeばかり使っています。lololol
スポンサーサイト
  1. 2013/06/08(土) 17:03:58|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あなたのPCはクラッシュ寸前です。 修正してください。 | ホーム | ルータの設定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://celerybeachcomber.blog.fc2.com/tb.php/51-7779c809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hisamtrois

Author:hisamtrois
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
camera (14)
cat (1)
PC (37)
English (13)
diary/日録 (11)
jog (2)
133opera (0)
jpoem/和歌俳句都都逸 (10)
French (6)
冥途の旅 (5)
music (4)
アサヒネット会議室 (3)
omake (2)
fittness diary (3)
blog&net (2)
物 (4)
電子辞書 (1)

お客様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。