セロリのビーチハウス with my lunchbox amd paperbacks

アサヒネットのセロリ会議室の分室です。(つもりね) まあ、セロリ会議室のモデレータなのに、さぼりまくってるくせに、こんなところに二つ目の浜小屋を建ててしまった。

Mathematica と言語モード

日本語変換は下から4段め右の三つのキーは
Anthyモードの場合は、@ 「 」 で、
半角打って英字モードにすると @  [  ]
ところが、
USモードだとキーボード配列も変わるらしくて  [  ]  \  になる。
JPモードだと @ [ ]  その上、文章を打っても hankakudemo  とローマ字になってしまう。
JPで半角を打つと、 @ [ ]

Mathematica を使うときは、半角で入力しないとわけの分からない結果が出るようだ。
と言っても、USモードで打つと、キー配列がUs keyboard 配列になるから、バックスラッシュが楽に打てるようになるかわり、アルファベット以外のキーが何になるのか?確かめておかないといけないようだ。haha
  1. 2016/10/16(日) 17:20:13|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

raspberryPiのChromiumで画面最大を元に戻すには

F11を押す。
このF11は最大にするときにも押す。

ついでにF12は単語の辞書登録。

今のところわかったのはこのくらい。
いやあ、戻せなくて困った。困ったときのFナンバーキーを順に叩いてみるというのは常識かな。
  1. 2016/10/16(日) 11:23:02|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

raspberryPi2B+で動画再生16時間

まあ、風邪ひいて部屋にこもってたもので、よくも聴いたもんである。
そのうちの半分の時間はMathematicaで遊んでもらっていたんだけどね。

ラズベリーパイがインターネット動画再生に弱いかというと、音楽をBGMで流す分には十分。そりゃあ、20インチの画面いっぱいに開いてみたりするのには非力だけど、Mathematicaでど素人の計算(せいぜい、そんなに難しくない大学の入学試験問題程度)をやりながら、ACERのノートでネット接続して、メールみたり、LibreOfficeで表計算ソフトやライターで文章を打ってる使い方なら必要十分なタフさですね。
ACERの方は、電池がヘタったんで、外して使ってるせいと、ウィンドウズ10にしてから、使ってない無線LAN周りがルーターとぶつかるようで、4時間もYouTubeを鳴らし続けてると、ルーターを止めてくれる。そのたびルータの電源を落として、PCを再起動するはめになるから、「見る」ならともかく、「聴く」だけなら、raspberry Piの方がずっと手間いらず。
Mathematica の楽しいところは手書きでノートに数学記号を書く通りに打って、画面で見られることかな。
ラズベリーパイのアプリケーションというかソフトは、瞬時に開く。Mathematicaはちょっとゆっくりだけど、それでも、昔のWindows98のころのエクセルやらアクセスなんかを立ち上げるのよりはずっと速い。
今週は仕事にあぶれてたんで、Raspbien(名前は違うけど、中身はほとんどdebien らしい)を最新のものにアップデートしたんだけど、全体に速くなってますね。もっとも、月の頭にアップデートしようとしたら、見事に失敗して、一週間くらいまったくさわらずに頭を冷やして、再挑戦。
ドツボにはまった。と思ったのだけど、なんてことない、ダウンロードが半分くらいで失敗してたんですね。それをマイクロSDに何度コピーしても、モニタは真っ黒、ラズベリーパイの状態LEDが赤と緑が両方ともつきっぱなし。(赤だけなら正常なんだけど)
ダウンロードして、zip ファイルでも1.1G以上ないなら、おかしいと気がつくべきなんだ。それが690台のメガバイトというのは。なぜ気づかなかったかというと、一年前のダウンロードしたもののサイズは700Mちょっとくらいだったせいだ。
頭を冷やしている間にBLUE BACKSの「最新RasbberryPiで学ぶ電子工作」(これで3冊目なんだよね)をはじめから読んでみたのだ。そうしたらP.42にちゃんと書いてあった。
1Gより大幅に小さいときは失敗してる可能性があるから、やり直し(再チャレンジ)してみてください・・・・って。
でも、僕の環境だと、NOOBS(インストール用圧縮ファイル)をダウンロードするのに3時間かかるからhaha一晩に一回しかやれないんだよね。ダウンロード開始したら、ひとまずは寝る。
で、ちゃんとしたのを入れたら。あっという間にroadという名の壁紙のXウィンドウが開くんですねえ。これには感動。
今まではズラズラアアアアアとブートファイルが画面を滝のように流れて、はい、名前と暗証というところからスタートしてたんだけど、それが皆省略された。1時間近く、ボーっと壁紙の延々と続く道路の写真を眺めてました。haha
で、SonicPiというシンセサイザーアプリみたいなのを動かしたくて音を出す呪文をXterminal (ウインドウズのコマンドプロンプト窓みたいなもの)に打ち込んでみた。
amixer cset numid=3 1
これでヘッドホン端子から音が取れる。
で、ソニックパイでなにをやったかというと、真夜中すぎまでかかって、ドレミファソラシド 年らそふぁみれど のABCファイルを作って鳴らして、何度もrun させて悦に入ったというわけ。
1年前のラズビアンに比べると、フォントはきれいになったし、写真もきれいに見える。動画は、ま、それなりにサクサクと動く。98とXPの中間くらいかなあ。止まらないところは98よりはずっとまし。
なにより、Mathematicaのノート画面で編集してるときのフォントがかすれたりしないのがいい。
これなら、Pythonのコード書きも楽になりそう。
さて、今夜は2時をまわった。あと二日は休めるけど、夜型の生活になるわけにはいかないから、そろそろ寝るか。


  1. 2016/10/15(土) 02:08:33|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スニッピングツールのタスクバーピン止め

前にも書いた、このツール。
最近、メモに毎日使ってます。といっても、記憶して内容を使えるようにするというような勉強には使わない方が無難。たいていはハードディスクのゴミになる可能性大。
語学の自習用なんかには、ブックマークしといて、手書きのノートに転写するほうが、長期的に記憶に残ります。スニッピングだけで済ませるくらいならやらない方が時間の節約。
料理や運動なんかのハウツーものをメモるのにはスピーディーなんですね。

そのために、このスニッピングツールをデスクトップにおいてるのですが、ノートパソコンでフォックスファイアをいっぱいに開いているときに、使おうとすると、一度ブラウザを小さくしてから、スニッピングツールを起動してから、またブラウザを全開する。それから、切り取って名前をつけて保存。
これは、毎日やってると、ちょっとうざいので、タスクバーにスニッピングツールを「ピン止め」しておくのが便利です。
これなら、ワンクリックでスニッピングツールの小窓が開く。
「ピン止め」するには、スニッピングツールのアイコンを右クリックしてメニューから「タスクバーにピン止めする」を選ぶだけでいい。
うん、作った人は、よく使いこんでますねえ。
保存形式は写真でも、絵でもテキストでもJPGで十分。
プリントアウトしようなんてアホはやらないこと。メニューとかハウツーは手書きでさっとメモって使えばいい。
保存場所は、普通の写真と同じ日付別フォルダに入れておく。
「超整理」セールスマン教授の日付別分類が一番探しやすいというのは、見当違いばかりいうおっさんの文章のなかでは数すくないまともな部分です。haha

まあ、こんなことを書いておくのは、自分がPCを新しくしたときのため。記憶場所のHDは外付けのポータブルだから、新しいのに付け替えるだけで、普通に見つけて読めるんだけど、タスクバーにスニッピングをピン止めするということをあっさり忘れる歳のせい。
  1. 2016/04/30(土) 11:16:50|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カシオEX-word の入力

EX-word の入力方法をちゃんとマニュアル読めばいいのに、読まずに直感で使ってる。
もんだから。
「見出し語検索」でword と入れると word, -word, word・age,.....wordedまでが左の分割ウインドウに、右側に語義がでてくる画面になる。(これはこれでなかなか便利・・・・wordage なんて単語をチェックしたいときに、word だけで一緒にあらわれるから、たやすく見つけられる)これを「一覧」画面と呼ぶことにしよう。
そこで「訳/決定」ボタンを押せば、「語義」の画面になる。
で、つぎに、wrap をひきたいと思って、入力画面にもどろうと、戻るボタンを二度押して「見出し語検索」画面に戻って入力していたのだ。
ある日、間違って、「語義」の画面で、Sを押してしまったら、なんと、「s、S」の「一覧」画面になったのだった。
は?・・・・あ、そうか、「語義」画面で、次の検索語を打ち込めばいいんだ!
なーるほーど!

英和から仏和の切り替えも、同じ単語をいれたままで仏和のボタンをおすだけで、飛んでくれる。
フランス語で「げんざいでは自動車は・・・・」なんて時の「現在では」は actuellement なんだが、そのままで英和のボタンを押すとactu---の一覧画面になる。そこで見ていくと actually がみつかり、その④に「《まれ》現に、現在」という語が見つかる。これは仏語で作文した後、英語で作文するときに実に便利です。もっとも、「まれ」な用法なわけだから、そのまま使おうかどうか、ちょっと頭の体操をしなきゃいけませんが。
どちらかというと、仏和から仏英の切り替えもボタン一つなんで、これも多用してます。頭の体操無用で、さらに実に便利です。hehe

それと、このサイズが便利ですね。電車の中で立ったままペイパーバックを読んでいて、本に本体を載せて左手で固定して、右手指で入力できる。で、蓋をとじて、今度は本体に本ををのせて、また本にもどって読んでいける。
机の上でも似たようなもので、この二月ほど、紙の辞書は絵辞書以外はほとんど開かなくなりました。紙の辞書を開くのは、EX-word にもそれらしいのがなく、ネット辞書にも出てこない・・・・そういう時だけですね。
  1. 2016/03/27(日) 13:49:57|
  2. 電子辞書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

hisamtrois

Author:hisamtrois
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
camera (14)
cat (1)
PC (39)
English (13)
diary/日録 (12)
jog (2)
133opera (0)
jpoem/和歌俳句都都逸 (10)
French (6)
冥途の旅 (5)
music (4)
アサヒネット会議室 (3)
omake (2)
fittness diary (3)
blog&net (2)
物 (4)
電子辞書 (1)

お客様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR